メニューバーライン

ストレスチェック制度について



ストレスチェック導入を経費負担増とせず

意味ある投資へ転換させるシステムを提案。

aula は、ストレスチェック委託の外部機関として
産業医・精神保健福祉士、そして 臨床心理士の
チーム編成でサポートいたします。

ストレスチェック導入にあたり、欠かせないのは
実施後のフォローがしっかりできる「体制づくり」です。
aula のチーム編成だから発揮されるフォローアップ力!
御社産業医との連携も密に行います。
各企業・組織がストレスチェック制度を導入するにあたっての疑問や質問が弊社にも多く寄せれらています。
それに関する弊社の考え方などをブログのページにて順次お伝えしています。
参考にしていただければ幸いです。
臨床心理士、産業医、精神保健福祉士のチームだからこそ、実施後のフォローアップも充実。
職場環境改善のための御社の対応を具体的にサポートします。



増加する経費に、義務を果たすこと以上の付加価値を。
メンタルヘルス対策を経営戦略に組み込みましょう !
aulaには、【 従業員一人一人への投資となっていることを実感できるメンタルヘルス対策】 を
企業ごとにカスタマイズして構築するノウハウがあります。
先進的な意識を持つ企業のために戦略的なメンタルヘルス対策を提案します。


【aulaの実績の一例】
〈A社さま〉
既に、5年以上ストレスチェックを継続実施。全従業員に対面カウンセリングの機会を設定して結果説明を行うとともに、一人一人にストレス状況への具体的助言を行っている。
〈B社さま〉
3,000人規模にて、全国に小規模事業所を展開。全従業員をきめ細やかにサポートできるメンタルヘルスシステムを最初の一歩から共に構築。



お問合わせ・ご依頼


ストレスチェックに関する aula のコンテンツ
◎実施関係者へのサポートとして
 ・ 御社産業医へ結果・分析内容を直接報告
 ・ ストレスチエック実施事務従事(データ入力・分析等)
 ・ ストレスチェック導入システム構築(安全衛生委員会調査審議サポート)
 ・ 御社産業医面談への陪席

◎ aula だからこそできるサポート
 ・ 集団分析&環境把握に基づくコンサルテーション(人事労務/担当者対象)
 ・ 高ストレス者抽出のための臨床心理士による面談
 ・ フォローアップのセミナー(管理職向け・ー般向け)
 ・ 臨床心理士による高ストレス者相談対応
 ・ 部下マネージメントに関するコンサルテーション(管理職への個別対応)

費用について
予算をご提示いただければ、御社にとって最適なシステムを構築してご提案いたします。
aulaでは、従業員一人○○円という一律型の提案はいたしません。
御社がストレスチェックへの取り組みの意味を実感できるシステムをカスタマイズするための費用提案となります。
御社にとって取り組みやすいコンテンツ、取り組まなければならない内容を精査し、共にシステムを組んでいきます。
下記に費用のイメージモデルをお示ししていますが、御社の予算に合わせたシステムもご提案いたします。



システム構築のイメージ

〈トライモデル〉  60人規模/136,000 円   200人規模/220,000 円
〈メンタルヘルス対策導入モデル〉  200人規模/650,000 円(高得点者30人枠設定)
500人規模/1,100,000 円(高得点者75人枠設定)

〈戦略的対策モデル〉 500人規模/1,690,000 円(高得点者75人枠設定・相談対応者 本人20人枠設定・管理職5人枠設定)
1,000人規模/2,350,000 円(高得点者100人枠設定・相談対応者 本人30人枠設定・管理職10人枠設定)

〈実施事務従事モデル〉 2,000人規模/1,600,000 円




お問合わせ・ご依頼